La'cryma Christi

画像

 La'cryma Christi《ラクリマ・クリスティー》は、ヴィジュアル四天王とも呼ばれていた日本のロックバンドです。Libraianの前身となるバンドで、1991年に結成され、2006年に解散そして2009年には再結成されています。しかし、今現在の活動がどうなのかについてはどうやら公式サイトでは詳しく告知はされていないようです。Twitterなどを見るとツアーライブなどの告知をやっているみたいですので、活動自体は続行しているようですね。

バンド名

 前身のSTRIPPE-D-LADYからベースKITA-JIが脱退後にバンド名を改名しようと考えたTAKAがイタリア語辞典を引いて「La'cryma Christi」と名づけました。La'crymaはラテン語で涙を意味するlachrymaからきていて、La'cryma Christi=「キリストの涙」です。「誰も見たことがないキリストの涙の色を、自分たちのステージングと楽曲で表現したい」という想いが込められています。また、TAKAは「目が覚めたらLa'cryma Christiが添い寝していた」とも述べています。「Lacryma Christi del Vesuvio」という名の同名を含むワインも存在しますが、このワインの存在は後から知ったとのことです。

活動

 1991年、前身バンドとなるSTRIPPE-D-LADYを結成しました。大阪を拠点として活躍していたのですが、1994年にベースが脱退しました。その後SHUSEが入って、バンド名をLa'cryma Christiに改名し、1997年5月8日、シングル「Ivory trees」でメジャーデビューしました。2005年3月21日のライブを以って、音楽性の違いを訳にKOJIが脱退してしまったものの、同年6月29日、4人編成でのアルバム『ZEUS』を発売しました。2007年1月20日に解散。主な理由として、今後の音楽性や活躍方針を協議した結果、それぞれが違うヴィジョンを思い描いていることが明らかになった為と語られています。同日、TAKAとHIROがLibraianの結成を発表しました。2009年10月24日、KOJIを含む5人で「一夜限りの」再結成として、V-ROCK FESTIVAL '09に出演しました。同日、2010年のツアー開催を発表し、2012年2月1日、メジャーデビュー15周年を記念したアニバーサリーツアーの開催を発表しました。

メンバー

TAKA《タカ、10月6日 - 》:ボーカル

三重県出身です。血液型はB型で、作詞、作曲も担当しています。「With-you」等を作曲しました。

HIRO《ヒロ、8月5日 - 》:ギター・コーラス

血液型O型です。作曲も担当しています。「In Forest」等を作曲しました。初期は腰まで伸びた長い髪が特性でありましたが、アルバム『&・U』発表前に髪をバッサリ切りました。寡黙なキャラクターですので、単独での露出が極端に少ないです。メンバーでのテレビ出演の際もほとんど喋らありませんでした。Shinobu、DuelJewelのShunからは師匠と慕われています。

KOJI《コージ、4月12日 - 》:ギター

大阪府出身です。血液型A型で、作曲も担当しています。「未来航路」等を作曲で知られています。2005年に脱退し、2009年の再結成時に再加入しました。現在は主にALvinoのメンバーとして活躍中です。

SHUSE《シューセ、3月17日 - 》:ベース・コーラス

大阪府出身で、血液型A型です。作曲も担当しています。「南国」等を作曲しました。

LEVIN《レヴィン、6月3日 - 》:ドラムス

大阪府出身です。血液型B型で、現在はALvinoや石月努等のサポートドラマーとして活躍中です。

ディスコグラフィ

インディーズシングル

インディーズアルバム

メジャーアルバム

ベストアルバム

出演

バラエティー

音楽番組

ラジオ

現在は?

 かつては一世を風靡したものの、解散によってそれぞれのソロ活動などがメインとなってしまっているような印象があります。その後に起こったLibraianもいまいち活動的には振るわなかったので良い印象が無いという人も微妙にいたりします。

Menu